2013年12月アーカイブ

今のご時世、会社をクビになったら生活することができないために、超ブラックの会社であっても、土下座をする勢いで会社にしがみついて働いている人はたくさんいます。もし会社をクビになってしまったら、次の職場が見つかるかどうかは分からないからです。

今、自分が持っているスキルや技能にもよりますし、そして年齢にもよるところがあるでしょう。例えば、凄腕のエンジニアであれば会社を辞めても次に働くところと言うのは見つかりやすいです。その会社の条件に付いては考えなければかなりの数の求人が見つかることでしょう。また、年齢についても、30歳を超えてしまうとかなり転職は厳しくなりますが、25歳未満であれば第二新卒として会社に応募することが可能なところも多いです。しかしこれは裏を返せば、技能がなければ転職は難しいですし、また年齢がある程度たってしまうとこれまた転職が難しいということを示しているのです。

一方、看護師については、求人は多く、看護師として職がみつからないということはまずないでしょう。それが条件にあう職場かどうかということになるとまた別問題になるのですが、それでも最近は転職サイトを利用知れば、自分の希望する条件に合った職場を見つけるのもかなりできるようになってきました。
ではどうやったらそんな、看護師になれるのでしょうか。
もし中学卒業時点で看護師になりたいという夢が固まっているのであれば衛生看護学科がある高校に通えば、準看護師の資格が取れます。

広がる看護師の専門性

欧米では看護師の地位が高く、医師と同等の地位や給料を得る看護師も少なくありませんが、日本ではまだまだ医師の補佐的役割としての立場でしか見られていないのが現状です。

こうした、医師重視の傾向と言うのは先進国では日本だけだったりするんですよね。基本的に先進国ではそれぞれの専門性を尊重しあう考えが強いという傾向があります。医師は医師としての専門性を尊重するが、看護師についても看護の専門性は尊重、そして薬剤師についても薬剤師の専門性を尊重という考え方です。一方日本では、医師はオールマイティで他のスタッフについては医師のサポートに過ぎない(ここまでは言い過ぎかもしれませんが)という考えが根っこにあったりします。

そのため専門性を尊重した環境で働きたいという人は海外に出て働くという人もいますね。もちろん、海外で働くには技能だけでなく、英語が話せることが条件であったり、あとは先方の文化を良く知り患者さんとつつがないコミュニケーションを取れることが前提となりますけどね。

決してハードルは低くはないですけど、そのハードルを乗り越えて自分の看護師としての専門性をいかしたいと考えるならば海外で働くというのもまた1つの手ではないかと思います。

ただし、海外ではその分「誰でもできる仕事」については価値を置かれることはありません。誰でもできる仕事ならば単なるスタッフの扱いです。専門性をもつスペシャリストとしての扱いはありません。そのあたりはある意味シビアなのかもしれないですけどね。

病棟での業務上のコミュニケーション

病院の病棟での看護師の業務とは 看護師の代表的の業務の一つとなります
病棟で働く看護師は看護師どうしでチームを組んで 二交代で働いたり
あるいは職場によっては三交代働き基本的には 24時間体制で入院してる患者さんの看護に当たる 仕事あります

病棟での勤務について

看護師働く職場の中で最も多いのは病院なのですが
その病院の業務にもたくさんあります
そして その一つに 外来の業務ありますが
外来というのはさまざまな患者さんが訪れます。
体調くずして初めて病院にきた患者さんをはじめ、
来院を重ねている患者さん、あるいは

外科で働く看護師

看護師さんと聞くと、注射したり包帯を巻く姿を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。

実際に、病院の外科看護師を希望する新卒ナースはたくさんいます。急性期の看護は、患者の回転も速く、バリバリと仕事をしたい方にはお勧めです。

外科病棟に入院してくる患者は、手術をすることを目的としているので、仕事の内容もルーチン化しています。まずはアナムネをとって患者の情報収集をしてから、手術までの流れを説明します。絶飲食の時間や下剤の服用、医師からのムンテラの時間などです。その後剃毛したり、手術に必要な物品の確認をしたりします。

外科の看護師は、忙しくて体力的に大変なことが多いですsがその分、やりがいもある仕事です。だから、新卒の看護師でも希望する人が多いのですよね。

若いうちの方が有利な仕事はたくさんあります。もちろん、年齢を重ねてからできなくはないけれども、若いころに仕事の経験をしておけば年を取ってからも体が仕事を覚えているので、無理なく働くことができるのですよね。

あとは働く病院を間違いなく(後悔なく)選ぶことだと思います。最初の頃は右も左もわからない、あるいは状況がつかめないと思いますがそこでどれだけ早く立ち上がってこれるかというのは今後の仕事のモチベーションにもつながってきますから。

そう考えると職場を選ぶこともたいせつになってくるということです。

看護師の職場としてはどのようなところあるか、そしてどの程度の看護師が
働いてるかってるの見てみます
看護師は今現状では約150万人程度が職についているというデータがあります。
このデータの中には 正看護師と准看護師が含まれているんですが
正看護師はおよそは110万人程度います
准看護師が40万人です。
そして特徴的なのは男性看護師が年々急速に増えてきているということです
もともとは看護師の仕事は女性の仕事だと思われていましたが、
実際は男性の力があった方が有利な場面も多いということが知られてきたということ、
そして昨今の社会で看護師になれば職には困らないという背景もあるのでしょう。
看護師の就業形態がふえていくとともに男性看護師の数も確実に増えているということです
では看護師がどこで働いてる人が多いかっていうと圧倒的に多いのは病院です
そして次にクリニックとなります
病院とクリニックで看護師全体の約90%ほどが働いているというデータがあります
そして次に多いのは 訪問看護ステーション
こちらは最近特に伸びてきてるという傾向があります
社会の中で在宅で医療受ける高齢者がふえてきてるという傾向によって
訪問看護が 必要とされているという背景があるのだと思います。

さまざまな分野で看護師の需要はありますが、
その分職場もさまざまな環境があります。
そして看護師は人手不足の傾向がありますので、職場によっては
かなり忙しいという職場もあるのです。
そうした中で忙しい中で自分をスキルアップさせたい、という要望を持っている看護師もいますし、
そうではなく、あまり忙しくなく給与も多くは望まないので、家族との時間を確保できる
環境が良いという看護師もいます。

どんな職場を探すにせよ、多くの求人を確認していくことは大切です。
求人さがしならハローワーク?という気もしますが、
最近では多様な求人の探し方があるようですね。
ハローワーク看護師求人

このアーカイブについて

このページには、2013年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2014年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。