病棟での業務上のコミュニケーション

病院の病棟での看護師の業務とは 看護師の代表的の業務の一つとなります
病棟で働く看護師は看護師どうしでチームを組んで 二交代で働いたり
あるいは職場によっては三交代働き基本的には 24時間体制で入院してる患者さんの看護に当たる 仕事あります

病院の病棟での看護師の業務とは 看護師の代表的の業務の一つとなります
病棟で働く看護師は看護師どうしでチームを組んで 二交代で働いたり
あるいは職場によっては三交代働き基本的には 24時間体制で入院してる
患者さんの看護に当たる 仕事あります
仕事の内容の方を ざっくり説明すると
患者さんの病状の観察をおこなったり あるいは医療処置をおこなって
そして患者さんの日常生活を支えるようなたりとし必要があればサポートしたりすることにあります さらには 働いている医師や薬剤師 あるいは理学療法士など他の コメディカルと言われる
専門職の方と連絡をとったり調整を採っていくことにあります
仕事が終わると日々のかんごの記録をつけたり
あるいは引き継ぎの看護師に申し送りしたりすることになります
そしてのスキルアップのためにカンファレンスを行うこともよくあります
病院によって異なりますが週1回カンファレンスをひらいて
看護師同士のコミュニケーションをとり
業務の行き違いがないようにしてるのです。
そうした業務も通じて患者さんの不安や苦痛の解消することができるのです

忙しい看護師どうしでもなるべくコミュニケーションを取ることで
患者さんに対して適切な処置を行うことができる仕組みというのは
職場の中で大切なことです。
上手く業務が回っている職場というのは効率的にそれができているということだと思います。

このブログ記事について

このページは、sitemasterが2013年12月18日 16:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「病棟での勤務について」です。

次のブログ記事は「広がる看護師の専門性」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。